2016年12月

あえのこと

2016年12月23日|カテゴリー:未分類

みなさま、こんにちは。
木ノ浦ビレッジの聖母マリア コデラでございます。
今日の木ノ浦は何だか昨日から暖かい・・・。
今朝、コテージチェックを行ってきたら、コテージの中も暖かい・・・。

だが、風がすごい。昨晩は風の音がすごくて寝られませんでした。
まっ、私の場合は家の揺れ方も尋常じゃなかったので。
いつものことです。

さて、珠洲の農耕儀礼と言えば「あえのこと」
あえのことは、稲の生育と豊作を約束してくれる田の神を祀る儀礼で
毎年12月と2月に行われます。

収穫後の12月は、田の神を田から家に迎え入れて、風呂に入れたり、
食事を供したりして、収穫を感謝します。そして耕作前の2月になると、
再び風呂に入れたり、食事を供したりして、田の神を家から田に送り出
して豊作を祈願します。

この儀礼は、家の主人が中心となって執り行い、目に見えない田の神が
あたかもそこに実在するかのようにふるまいます。稲作に従事してきた
日本人の基盤的生活の特色を典型的に示す農耕儀礼です。

木ノ浦では、料理長の中谷家で農耕儀礼を行っています。
あえのことは家々で異なりますが、時代に合わせて簡単な方法で農耕儀礼
を行っている家も多いのです。

そんな「あえのこと」が手ぬぐいになりました。
これを見た瞬間に「わぁ~。かわいい~っ!」と叫んでしまいました。
実は私、手ぬぐいを集めるのが趣味なのです。
家では30枚近くコレクションしており、季節に合わせて手ぬぐいを
変えて楽しんでいます。もちろんこの手ぬぐいも仲間入り。
_mg_3454

この手ぬぐいは、珠洲市在住の「手染めや椿姫」落合紅さんの作品。
落合さんからは、「手ぬぐいお盆の絵の上に、好きな食べ物を乗せると、
どこでもアエノコトが出来ちゃう手ぬぐい」といったお話を頂きました。
_mg_3460

ほんとにほんとに、めっちゃかわいい。
みなさんも是非、奥能登のお土産としていかがですか?

しぼの花嫁修業~かぶらずしの巻~

2016年12月21日|カテゴリー:おいしいはなし

今日の木ノ浦は、冬にしてはめずらしく青空が広がっています。

海も穏やかで、それとなく春を感じる陽気です。

_mg_3446

この季節になると、
多くの家庭で仕込みが始まる伝統料理「かぶら寿司」。

ところで、この「かぶら寿司」
わたしは能登の伝統料理だと思っていましたが、
こちらは加賀の伝統料理なんですね~

「寿司」といえども、
生魚と酢飯の「寿司」ではないという、
今世紀最大のフェイク!
東京からやってきたわたしにとっては
それはそれは大きなカルチャーショックでありました。

では、一体「かぶら寿司」とは何なのか。
かぶら寿司とは、かぶでぶりやさば、鮭などの魚をはさみ、
糀で発酵させたなれずしなのです!
かぶの甘みと魚のうまみ、発酵させた独特の香りと
ほんのりとした酸味がたまらない一品なのです。

そんな「かぶら寿司」に、わたくし志保石が初挑戦!!

「糀はひたひたのお湯で一晩」
「お風呂よりちょっと熱いくらい」など・・・
なんとも大まかでざっくりとした
ばあちゃん、じいちゃんたちの知恵をお借りし、
なんとか無事漬けることができました!!!

じゃん!!!

_mg_3410

なんか思ったよりしるしるなのはご愛嬌。
うまいこと発酵してくれよ~
と毎日声をかけること5日。

いよいよドキドキの試食!

_mg_3449

・・・!!!

おいし~い!!!
まろやかで甘みがあって・・・
うれしい・・・うれしいぞ!!!!

「おいしいでしょ!?」
と自慢げにスタッフたちへと配り歩くわたし。

さぁ、これで一歩
能登の花嫁に近づけたでしょうか・・・

まだまだ道のりは長そうです!!

【みそづくり体験】醸すぞ、おー!

2016年12月20日|カテゴリー:イベント, プラン

木ノ浦は今日も雨。

珠洲へ旅立った3年前の春。
能登へと向かう飛行機の中、
「日本海側って毎日くもり空ってイメージだよね~」と私。
「すてきじゃ~ん。なんかロンドンみたいで。」と母。
底抜けなポジティブさは母譲り。
しぼです。

「そう、ロンドンみたい。
すてき。
雨とくもり空が似合う。
すてき。すてき。すてき・・・。」

そう言い聞かせていた1年目。

けれど、今では、この感じが珠洲らしさ。
雨の木ノ浦はとっても静かで瑞々しくて、
それはそれはよいものです。

そして何より、
この風土ゆえに育まれた文化「発酵」。

そのおいしさを知ってからは、
この気候も含めた風土こそ
愛すべき、そして感謝すべきものだと思うようになりました。

いよいよ寒さも本格的。
「醸し」の季節です。

0001

毎年大好評の「みそづくり体験」
年明けにやります!!!

実は、今年の1月に仕込んだみそは
過去最高のおいしさに仕上がり、
参加してくださったみなさまも大満足のみそとなりました!

_mg_3338

材料は、
珠洲の地豆「大浜大豆」と
飯田町「遠藤味噌」の糀。
そして、能登の塩。
これだけです。

出来高3kg~仕込めます。

仕込んだみそが食べられるのは、
梅雨が明けてから。
ドキドキわくわく!!

img_2781

作業はとっても簡単なので、
大人もこどもも楽しめますよ。

みそ樽や重しもご希望があればこちらでご用意いたします。
ご予約の際にお申し付けください。

もりだくさんに、そして、お得に楽しめる
みそづくり体験付き宿泊プランは、
みそ3kgあたり800円もお得に!!

こちらのプランでご宿泊の方は、
ご夕食も、発酵づくしのこんだてとなります!

今年も仕込みますよ~
木ノ浦ビレッジ冬の代名詞
「ぶりみそ」!!

乞うご期待!!

「我が家のみそづくり体験」
2017年1月14日(土)~31日(火)
14:00~16:00

◆日帰り体験 (5名以上、15kg~体験できます)
・体験料
みそ3kg 3,500円
(みそ樽・重しセットは1,500円で販売)
◎体験後のコーヒー・おやつ付き!
※3日前まで要予約

人数に満たない場合は、
体験可能なお日にちをご案内いたしますので、
おひとり様でも、まずはお気軽にお問い合わせください。

◆みそづくり体験付き宿泊プラン (2名以上、3kg~体験できます)
・体験料
みそ3kg 2,700円
(みそ樽・重しセットは1,500円で販売)
◎宿泊のお客様は、みそづくり体験がお得に!
もちろん、体験後のコーヒー・おやつ付き!
・宿泊料金(1泊2食付)
大人  9,400円~
こども 8,500円~
※3日前まで要予約

ご宿泊のご予約は、
【 こちら 】


体験のご予約は、材料などの準備のため、
体験日の3日前からキャンセル料が発生いたします。
3日前・・・50%
当日・・・100%
ご了承ください。

レッツ!醸し!

お待ちしております!

ご宿泊・ご予約に関する変更

2016年12月15日|カテゴリー:お知らせ

いつも木ノ浦ビレッジをご利用いただきありがとうございます。

【先日のブログ】でお話しいたしました通り、
木ノ浦ビレッジ開業から3年目を迎え、
木ノ浦ビレッジをご利用いただくにあたって
お客様にとってより良い方法は何か、
スタッフ全員で見直し、改善させていただくこととなりました。

0001

ご不明な点等ございましたら、
お気軽にお問い合わせください。

なお、現時点でいただいておりますご予約に関しましては、
ご予約受付時の料金等でのご案内となります。
プランの変更も可能ですので、
お気軽にお問い合わせください。

よろしくお願いいたします。

木ノ浦ビレッジ

冬の木ノ浦の過ごし方~しぼの場合~

2016年12月13日|カテゴリー:日記

木ノ浦ビレッジのシンボルといえば!

そう、支配人の小寺!

ではなく、ラウンジにある「薪ストーブ」ですねぇ~!

寒いし、雨がしとしと降っているし・・・
そんな日は、薪ストーブで暖を取りながら、
ゆったり本を読むのがしぼのおすすめです。

img_3356

管理棟内には図書コーナーもございます!
スタッフおすすめの本を集めておいています。
ここの本は、コテージにお持ちいただいてもOK!

「ゆったりする」というとっても贅沢な冬の木ノ浦の過ごし方。
おすすめです!

株式会社日置之国とは

2016年12月12日|カテゴリー:お知らせ

いよいよ雪がちらつきはじめました。

寒いのでおじいちゃんがはくようなズボンをはいていたら、
「何やそのズボン。父ちゃんのおさがりか?」と
相変わらず支配人にいじめられているしぼです。

木ノ浦の冬。

わたしにとっても、
そしてこの木ノ浦ビレッジにとっても
3度目の冬です。

今日は、いつも木ノ浦ビレッジを応援してくださるみなさまへ、
このブログを読んでくださっているみなさまへ大切なお話をさせていただきたいと思います。

長くなるかと思いますが、どうぞお付き合いいただければうれしいです。

%e6%97%a5%e7%bd%ae%e4%b9%8b%e5%9b%bd

2014年2月「株式会社日置之国」は、
珠洲市10地区の中で最も人口が減り、高齢化の進んだこの日置地区から、
元気印の旗揚げをしようと立ち上がった会社です。

そして、この株式会社日置之国は
「木ノ浦ビレッジ」を管理運営する会社として
珠洲市から指定管理を受けました。

わたしたちはこの2年間、
木ノ浦ビレッジをしっかりと運営しようと
漠然とした思いのもと、
とにかく目の前にあることに向かって走ってきました。

そして木ノ浦ビレッジ開業から2年たった今、
もう一度原点に立ち返って、
自分たちがどうありたくて、どうあるべきなのか、
株式会社日置之国とは、どんな会社なのか、
全員で思いを共有して、心を新たにしよう、と
そこにしっかりと向き合うことができました。

11月15日深夜までみんなで話し合い、
一つの理念を掲げました。

「地域を代表する企業になる。~地域に根差し資源を生かす。共に成長し価値ある機会を創造する~」


わたしたちは、これからこの理念に向かって全員で力を合わせ、
もう一度頑張ろうと思いを一つにしました。

そして、この理念を達成するための行動指針を作りました。

◆夢
夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。
◆目標
明確な目標を持つ。数字と期限にこだわり個人と組織の目標を共有する。
◆お客様第一主義
お客様の為に尽くす。お客様の期待を超える感動とサービスを提供する。
◆チームワーク
仲間の為に尽くす。皆で協調し組織で対応する事で個々の力をより大きな力に変えよう。
◆感謝
感謝の気持ちを忘れない。すべてのステークホルダーに感謝の気持ちを持とう。
◆主体性
他責をしない。あらゆる問題を自分の課題として捉え取り組もう。
◆謙虚
謙虚にして奢らず。素直な心と反省を怠らない。
◆誠実
常に誠実であれ。噓をつかない。法令順守を徹底し約束とルールを守る。
◆変化
変化を恐れない。安易に他を否定しない事が成長への第一歩。
◆努力
誰にも負けない努力をする。努力に勝る天才なし。
◆スピード
スピードこそ最大の武器。即断・即決・即行動で事業の付加価値を高める。

今日は、いつも私たちをサポートしてくれる
清掃、宿直、外仕事を担当しているスタッフを集めて
この思いと理念、行動指針を共有しました。

_mg_3365

これからもう一度心新たに
木ノ浦ビレッジへ訪れるみなさまへ
多くの感動とサービスを提供できるよう
スタッフ全員で邁進してまいりますので、
温かく、時には厳しく見守っていただければ幸いです。

「お客様にとってよりよい方法は何か」という思いのもと、
木ノ浦ビレッジをご利用いただくにあたっていくつかの変更をさせていただくこととなりました。
お客様へは度重なる変更で、ご迷惑をおかけし大変申し訳ございません。

随時こちらのブログにてご案内いたしますので、
ご理解のほどよろしくお願いいたします。

木ノ浦ビレッジ オリジナルおみや

2016年12月10日|カテゴリー:未分類


みなさま、こんにちは。
木ノ浦ビレッジの聖母マリア コデラでございます。
今日は朝から雪が降っております。
あ~、ついに木ノ浦に冬がやってきたなぁとしみじみと
感じております。

ここで生活することは、ぜんぜん便利ではないし、
生活に時間がかかる。でも、ここにしかない、ここにいるから
こそ自然からの贈り物がある。

それが、木ノ浦の冬だと思う。そんな冬。みんなおいでよ~!っ!

さてさて、今日みなさまにお伝えするのは、
木ノ浦ビレッジ オリジナルおみやについてご紹介したいと思います。
img_3355

今回のおみやのテーマは“美味しい新米を食べよう!”
角花さんの塩でおむすび してもよし
二三味さんのたまり醤油で焼おにぎり してもよし。
そんな提案型のおみやはいかがでしょうか?
img_3352

生産者さんの紹介カードも入れてあります。
img_3353

もらって嬉しい(‘ω’)ノ
何だか、心が豊かになるそんなオリジナルおみや。
木ノ浦ビレッジにきて、みて、商品を選んで、
世界にたった一つだけのおみやを作ってみませんか?

★クリスマス★

2016年12月06日|カテゴリー:日記

みなさま、おはようございます。
木ノ浦ビレッジの聖母マリア コデラでございます。
12月の一大イベントと言えば!クリスマス~!!
キャハ★キャハ★

木ノ浦ビレッジでは、昨日からクリスマス仕様に模様替え。
じゃ~ん!!

まずはビレッジの冬の象徴である薪ストーブ横にクリスマスツリー★
_mg_3340

フロント横には金沢にお住いの工房タラムさん オリジナルの
ガラス作品のお隣に赤いマフラーをしている雪だるまくん。
_mg_3341

料理長すみちゃんのお友達にプレゼンで頂いたリース。
_mg_3344

最後にカフェスペースでキラキラ輝くリース。
img_3348

みなさん是非、是非見に来てねぇ~❤