2016年5月

受け継ぐ展 角花家のはま塩

2016年05月30日|カテゴリー:イベント




いよいよ!
6月の催しを紹介させていただきます!





世界中どんな土地にでも「風土」があり、
そしてそこに人が暮らせば、
「産業」や「文化」が生まれます。


珠洲には珠洲の風土があり、
そしてここならではの産業や文化があります。


それらは、時代の流れの中で
変わったり、変わらなかったり、
受け継がれたり、途絶えたり、また生まれたり、
そうしてわたしたちが享受している今があるのだと思います。


そう思うと、
むかしからある産業や文化は、
「受け継ぐ」人がいたからこそ、
今ここにあるのですね。


受け継ぐというのは、きっと、
運動会のリレーのように、
バトンを渡すその一瞬のようなことではなくて、
何年も何年も誰かの背中を見ながら、
感じとっていく、終わりのないことなのかなと思います。






そして、今、珠洲にも「受け継ぐ」人がいます。


「受け継ぐ」ということ
「受け継ぐ人」をまんなかに、
珠洲の産業や文化を伝える
「受け継ぐ展」という催しを
これからシリーズで行います。


受け継ぐ展


第一弾は、珠洲市清水町の「角花家のはま塩」です。


塩表5


珠洲の特産品として揺るがぬ存在感を持つ「塩」。


なかでも角花家は、
江戸時代から揚げ浜式製塩の技術を守り続け、
その塩づくりは、国の重要無形文化財に指定されました。


0032_35


現在は、角花豊さん洋さん親子を中心に
角花家が家族で塩づくりを行っています。


角花家がどのような思いで塩づくりを受け継いできたのか、
そして、今回は6代目浜士として
父豊さんから「受け継ぐ」世代の洋さんの思いを
ぜひ感じ取っていただければと思います。


0004_5


25日~30日は
木ノ浦ビレッジにて、
角花家の塩づくりにまつわるの写真・物品の展示を行います。
また、カフェレストランにて、
角花家のはま塩を使ったスイーツをご用意いたします。


25日と26日は、
2日間限定で角花家のはま塩を使ったランチをご用意いたします!

ランチやスイーツについてはまた後日紹介いたしますね~!


また、25日と26日11:00と18:00には、
「家族で受け継ぐ無形文化財」という
角花家の塩づくりを追ったドキュメンタリー映像の上映会を行います。
上映会の入場は無料です。


そして、25日(土)には、
角花家の塩で珠洲の食材をあぶって食べる!
「はま塩あぶりナイト!」を開催します。

第6代浜士の角花洋さんをお呼びして、
塩づくりへの思いをお話していただきます。

こちらは、大人3,000円 こども2,500円です。

そのまま木ノ浦ビレッジにお泊りいただく
お得な宿泊プランもございます。
こちらは、大人9,800円 こども7,500円です。
お泊りの方には、翌朝角花家のはま塩のおむすびがついた
朝食をご用意いたします!
また、お泊りの方の特典!
角花家のはま塩50gをプレゼントいたします!




これを機に、
改めて身近な「お塩」を見つめなおしてみませんか。

ぜひ多くの方のお越しをお待ちしております!