2016年2月

豆にふれる

2016年02月25日|カテゴリー:イベント, 体験

ちらちらと
さわさわと
粉雪の舞う木ノ浦。


いよいよ空も、海も、風も、太陽も
春に向けて変わりはじめました。

やったー!!!!!!






みそづくりをする寒の季節が終わり、
さて3月は何して遊びましょうか。






珠洲に来てもうすぐ2年。

たった2年ですが、
珠洲の暮らしをこうしてみていると、
豆にふれる機会がとても多い。



それは、「珠洲の人は豆をよく食べるから」ではなくて、
「日本人は、実は、豆をよく食べているから」
なんですね。



というのは、
わたしたち日本人の暮らしは
豆なくして語れませんよね。



しょうゆ
みそ
豆腐
納豆
おから

大豆だけに限らなければ、
あんこだって豆です。



けれど、これらが「豆だ!」と、
「豆食べてるぞ!」と、
意識して口へ運ぶことはなかなかありません。

想像している以上に
わたしたちは「実は、豆をよく食べている」のです。



豆からできた
しょうゆもみそも
豆腐も納豆も、
すでに出来上がったものを
スーパーで “買う” のが当たり前になっている今、
ここ珠洲では、今でも “豆から作る” 文化が残っています。



それゆえ、ここでは豆にふれる機会が多いのです。







1月のみそづくりに続き、
3月は豆腐づくりをします。


この木ノ浦の集落にむかしから伝わる
「木ノ浦の地豆腐」。


IMG_1605


材料は、大浜大豆と海の水。
それだけです。


海の水はもちろん目の前の海のもの。

そう、それを採りに行くところから始めます!


IMG_2835


いちばん大変なのは豆乳を絞る作業。


「根性わるいとできんよ」
と大先輩のすみちゃん。

おいしいもののためなら苦労は惜しまない!


絞った豆乳をゆっくりと火にかけ、
おぼろ豆腐が出来上がります。


出来立てのおぼろ豆腐。
これはもう、とろけるうまさ。


IMG_2849


こんなおどろきのうまさです。


濃厚で、クリーミーで、
それでいて大豆の香りが豊かで、
食卓でいつもはわき役の豆腐が
立派な主役になります。




そんなできたてほやほやのおぼろ豆腐をまんなかに
参加者のみなさんで一つの食卓を囲んで夕食。

豆腐に合うおかずや、
豆腐を使ったほんの少し変わったお料理、
豆腐のデザートなど
豆腐づくしのご夕食です。




今回は、ぜひここで豆腐の作り方をマスターしていただき、
おうちでもできたてのおぼろ豆腐を召しあがっていただきたい!
ということで、
豆腐が出来上がるまでの時間に
「MY豆腐しぼり袋」を作ります。

そんなうれしいおみやげつきです。



豆腐づくり2016右


豆腐づくり2016左



そして、翌日3月20日には、
見ごろを迎えるつばきを愛でるイベント
「つばきウォーキング」があります。
(詳細はこちら

豆腐づくり体験にご参加のお客様で、
翌日は「つばきウォーキング」にご参加する方へ
次回以降木ノ浦ビレッジにお泊りの際ご利用いただける
「つばき油しぼり体験」のチケットをプレゼントいたします!


DSC_0356 (2)


木ノ浦ビレッジでも大人気のつばき油しぼり体験。
ぜひ、豆腐づくり体験とセットで、
早春の珠洲を満喫してはいかがでしょうか。




ご予約・お問い合わせは
木ノ浦ビレッジまで!
電話 0768-86-2014


IMG_2850


「食べなきゃ損だぞっ!」




ご予約お待ちしております。



休館日のお知らせ

2016年02月07日|カテゴリー:お知らせ



寒い寒いといえども
今日の木ノ浦の海は春の海の色。

春だ春だと言っていたら
「まだまだ、まだやわいね」
ってあっさり言われてしまいました。


儚き夢かな






休館日のお知らせです。

2月8日から10日までの3日間は
社員研修のため全館休館いたします。

ご迷惑をおかけいたしますが、
ご理解の程よろしくお願いいたします。

なお、宿泊のご予約はHPにて受け付けておりますので
ご利用ください。







また、たいへん多くのお問い合わせをいただいております
平成28年8月のご予約は、
3月1日8時30分より開始いたします。


お電話でのご予約はたいへん混み合いますので、
ネットからのご予約をおすすめいたします。



よろしくお願いいたします。







ワイン、日本酒、ときたら・・・

2016年02月02日|カテゴリー:イベント

はらりはらりと雪の舞う木ノ浦。


なんだか、気のせいか
ほんの少し暖かくなってきたような
そんな気がするのはわたしだけでしょうか。








気が付いたら、もう2月。

立春はもうすぐそこです。




「木ノ浦ビレッジで過ごす奥能登の冬」
ということで、
おいしいお酒と食べものをテーマに
12月は門前町ハイディワイナリーのワイン
1月は珠洲市宗玄の日本酒
をまんなかに
ご夕食をご用意させていただきました。


ワイン、日本酒、ときたら
次は・・・

焼酎です!!



冬の奥能登焼酎チラシ



珠洲市には、石川県唯一の焼酎蔵元があります。



その唯一の焼酎蔵元、日本醗酵化成さんとのコラボレーションが実現!

うれしいなぁ~。
寒い冬は、焼酎のお湯割りに尽きるね~。

なんて、実はわたし焼酎が好きなのです!

そんなわたし
「うわ~これ、わたし休みとって参加したいなぁ。。。」
って目論んでいます。
誰か一緒に行きませんか?
なんちゃって




今回ご用意する焼酎はこちらの3種類。

IMG_2808

日本醗酵といえば
「ちょんがりぶし」や「虎の涙」が有名ですが、
今回はあえてこの二つを入れずに、
写真左から
「フジブランドール」
「能登千年」
「のムし」
をご用意します!


フジブランドールは30年熟成させた古々酒。
能登千年は15年熟成。
そして、のムしは能登産の大麦を100%使用した焼酎。

市内の飲食店でもなかなか飲めないこの3つ。
さらに言うと、わたしのような若輩者にとってはなかなか手の出ない3つが



飲 め ち ゃ う な ん て ぇ ~ !!!!!



ご宿泊の方は、3900円でこちらの焼酎3種類の飲み比べ、
鹿渡島定置のお魚をつかったお食事、
そしてなんと!
お好きな焼酎1杯おつけします!!!

飲み比べは、
この3種類に加え、
限定の焼酎もご用意いたします!

※日帰りの方は、4500円で焼酎飲み比べ、お食事、焼酎1杯付きです。




毎週土曜日開催しております。


お知らせが遅くなり大変恐縮ですが、
ご予約はお早めに!




フジブランドールのラベルが
ものすごくすてきで、
日本醗酵さん、もっと注目します!
と、改めて珠洲のポテンシャルに感激したしぼでした。

IMG_2809




これは本当に逃したら惜しいなぁ。。。

ぜひに!!!