2015年2月

映画「さいはてにて」公開記念!

2015年02月27日|カテゴリー:お知らせ





いよいよ!

明日、珠洲市を舞台に撮影された映画「さいはてにて」が全国公開を迎えます!


10988954_847132488679384_6927625120842340748_n



わたしたち木ノ浦ビレッジのスタッフも一足先に先行上映会で見させていただきました。



みんな「?」な表情になってしまうほど、大号泣してしまったわたし。



「しぼちゃんはなんであんなに泣いていたのか」
様々な憶測が飛び回っていますが、、、笑


わたしはただただ「自分があの場にいる」ということが
本当に誇らしくて、ありがたくて、うれしくて
涙が止まらなかったのです。


美しい木ノ浦の海も
折戸の橋も
泊のバス停も
シーサイドも
長橋の港も

今、わたしはここにいるんだ
ここに暮らす一人なんだ
ここで働く一人なんだ

と、思ったら
自分が珠洲市民であるということが
どれほどに贅沢で、誇らしいことなのだろうと
とてもとてもうれしい気持ちになりました。


そして、こんな気持ちにさせてくれる映画を
近所のおじちゃんおばちゃん
新聞配達してくれるじいちゃん
お世話になった方々
仕事場のみんな
そんな珠洲の人たちと
同じ場所で同じ時間に見られたということ、
市民のみなさんに混じってわたしも一緒に見れたことが
また、とてもうれしかったです。




なんだか、映画の宣伝に全然なっていないですね。

でも、そんなわたしの大すきな土地「珠洲」の
温かさと美しさがつまった映画
みなさんぜひ見てください~!!





木ノ浦ビレッジからは、映画で使われた「ヨダカ珈琲」の船小屋を眺めることができます。


IMG_1593




また、映画公開にあわせてご宿泊いただいた方に
「ヨダカ珈琲」のコーヒーを再現した「さいはてにて」スペシャルブレンドコーヒーをプレゼントいたします!


IMG_1597


※こちらの特典は、るるぶトラベル、もしくは能登すずなりからのご予約をいただいたお客様に限ります。

るるぶトラベル予約ページは【こちら






また、たいへん多くのお問い合わせをいただいております7月・8月のご予約は
3月1日朝8:30からスタートとなります。






IMG_1594


実は、永作博美を意識したワンピースだけど誰にもふれられることもない残念なわたしなのでした。


お待ちしております~!






椿をめでて 種をひろって 油をしぼって

2015年02月23日|カテゴリー:お知らせ, イベント



ユーミンの「春よ、来い」を車で聴くべき季節ですね。


車の中で大熱唱しているわたしを見かけたら、
温かく見守ってください。








そんな、春も間近のこの季節。


木ノ浦では、ヤブツバキが徐々に咲き乱れ始めています。


IMG_1552




そんな、椿にまつわるお話です。




つばきウィーク




椿が見ごろを迎える3月20日から31日まで
ほんのちょっと特別な「椿ウィーク」を開催します!


木ノ浦に自生するヤブツバキの
花を愛で、種を拾い、油をしぼる。


という、椿をめいっぱい楽しんでいただく週間です。


期間中、木ノ浦ビレッジにつばきのタネをお持込いただいた方に
500円でつばき油絞り機をお貸しいたします。


お持込いただいた種は、その場で乾燥している種と交換をします。




DSC_0359 (3)



体験のあとには、
自家焙煎コーヒーを1杯プレゼント!





こちらのイベントに合わせて、
岬自然歩道(木ノ浦ビレッジ~つばき展望台間)のマップも作成中です!





マップ片手に岬自然歩道をお散歩して、
椿の花をめでて、
種を拾って、
油をしぼって。





この季節ならではの
岬自然歩道を楽しんでいただきたいです。





マップ作りのために
わたしは今日も岬自然歩道を歩いてきました。



IMG_1563



どんよりくもりぞらに
葉っぱ一枚もつけていない木の枝。


サンゴみたい。



IMG_1580



柏の葉っぱのじゅうたん。

柏餅食べたいなぁ。。。



どんな季節に歩いても
いろいろな思いのめぐる道。



一度だけでなく、何度も何度も
季節折々の岬自然歩道をぜひ歩いてほしいなと思います!






美しい椿とともに
お待ちしています!



豆腐づくり体験と豆腐のある食卓

2015年02月18日|カテゴリー:イベント



玄関を出て「お、あったか~い!」
と感じるようになりましたね。



今朝のわたしは、ちょっぴり早めに木ノ浦へ出勤し、
穏やかな天候に誘われて岬自然歩道をおさんぽ。

実は、この季節こそ、岬自然歩道を歩くのには絶好の季節なのです!



暖かくなり始めると、どんどん草木が生い茂り
夏には背の高さほどに。

すると、せっかくの絶好の景色が草木に隠れてしまうのです。



しかし、この季節は、草木が静まり視界良好!


草木が芽吹く気配と、鳥の声と、スーッと目の前を通り過ぎてゆく船。




IMG_6268




ベンチにかけながら、一息つく時間はとってもしあわせなのです。


木ノ浦のヤブツバキも、ところにより見ごろを迎えています。




IMG_6272



そんなわたしのおすすめ木ノ浦時間でした。








さて、本題!


イベントのご案内です!


春休みのはじまり3月22日に
豆腐にまつわるイベントを開きます。


豆腐づくりはがき


第一部「豆腐づくり体験」14:00~

大浜大豆を使って、むかしながらの豆腐づくりを。



ゆでたての大浜大豆やしぼりたての豆乳のおいしさにも出会えます。。。!

前回のみそづくりでも、このつまみ食いが大好評でした。



作るからこそ出会えるおいしさや発見がたくさんあります。



おひとり1080円で体験ができます。







第二部「豆腐のある食卓」(夕食)18:00~

さっそくできたてほやほやのお豆腐を食べましょう!




木ノ浦ビレッジのイベントや体験のたのしみの一つは、
参加した方々同士のつながりができるということ。


木ノ浦ビレッジのイベントで出会った方々が、
「じゃあ、次のイベントにお互いイチオシのお酒を持ってきて一緒に飲みましょう!」
なんて約束をしてお帰りいただくこともありました。




なぜこうしたつながりができたのかな~と考え、行きついたキーワードが

「いっしょに食卓を囲む」

ということでした。




イベントに参加された方々は、一緒に一つの食卓を囲んで夕飯・朝食を召しあがっていただきます。

そこから、会話が生まれて、そしてお酒もちょっぴり助けてくれて、
どんどんつながりがうまれてくるのかな、と思います。




今回の「豆腐のある食卓」では、
お一人一品持ち込みも可!

ただし、持ち込む一品のテーマは「豆腐」です。

豆腐に合う調味料や、お酒、薬味など
なんでもかまいません。



もちろん、お持込なしでもOKです。




「豆腐は冷奴に限るぜ!」
「てやんでい!湯豆腐でしょ!」

みたいな、豆腐談義に花を咲かせましょう。




夕食は大人3500円、こども1750円。
ワンドリンク付きです。







そしてそして!

お得な宿泊プランもございます。

体験、夕食、宿泊、朝食がセットになったプランです。

こちらは、
大人9980円
小学生5700円
未就学児3200円



ご家族や友人、恋人と
春休みの思い出づくりにぜひいらしてください。



今からわくわくがとまらないほど、
きっといい季節です。







こちらのイベントは要予約。

ご予約お待ちしております。

電話 0768-86-2014






私たちと一緒に働いてみませんか?

2015年02月17日|カテゴリー:お知らせ

こんにちは。コデラです。
急に寒くなったり、急に暖かくなったり、
何だか近頃、掴みどころのない気候ですね。
でもね、少しでも太陽が顔を出すと“春うらら”
それだけで幸せな気分になれちゃいます。

さて、今日は「私たちと一緒に働いてみませんか?」といった
テーマでお話させて頂きたいと思います。

昨年8月21日にOPENした「木ノ浦ビレッジ」。
4月から私たちと一緒に働いてくれる方を募集しています。
仕事内容は、イベント企画やフロント業務、カフェレストランでの配膳、掃除
など、とにかく何でもできる方、何でも挑戦できる方を求めています。
私たちの施設では、すべての業務をオールマイティーでこなす必要があります。
一人ひとりが「これしかできない」ではなく、「何でもできる」を目指しています。

この施設は単なる体験宿泊施設ではありません。
過疎化が進み続ける珠洲に若者が定住し、雇用を生み出す場所としての役割も担っているのです。
私がここで働いている理由は、まだ何とか残っている珠洲独特の風習や風土を絶やさずに守りたい、
守るだけではなく、活かす方法を地域住民とスタッフと一緒に考え、実践できるからここにいるのです。

まずは、珠洲が好きなこと。この一言に尽きるかもしれません。あとは、一緒に考えましょう。

さぁ、そんな私たちの働いている姿を激写。今日は数少ないお嬢さん達を紹介します。
トップバッターは、我が施設のアイドル22歳しぼ。
最近、一人だけ髪を伸ばして「女らしさ」を全面にアピール。
彼女が突然、この施設で働いているスタッフが全員ショートカットなのが気持ちが悪い
と言いだし、髪を伸ばし始めた彼女。なぜだ!?
しぼ私が彼女が一番好きな表情は、泣きそうで困った顔。→変態ですね。
苦しい時、悲しい時。楽しい時、嬉しい時、すべての時間と感情を一緒に共有してきました。
私の母と同じ誕生日。色んな偶然が重なり合い、彼女と一緒に働くことができて神様に感謝。

さぁ、お次に登場するのは納谷ちゃん。11月に彗星のごとく現れた彼女。
どんな業務も手を抜くことがなく、確実にこなす彼女。何よりも居るだけで場が和む。
今自分は何を求められて、どんな動きをすれば良いかを読み取る力がすごい。

くしゃおじさんが背後に現れ、びっくりした納谷ちゃん。
納谷ちゃん
この施設がある隣の集落、高屋町で生まれ育った彼女は、この地を担う大切な若者。
彼女の様に珠洲で生まれ育った若者が、生活の基盤をつくり、この地で生きる手助けをすることも
私たちの使命だと考えています。

さぁ、お次は聖子ちゃん。彼女は建設中の昨年の4月から私たちと一緒に働いてくれています。
彼女は、金沢から2年前にお嫁にやってきました。私とも、長い付き合い。
昨年7月に葉くんを出産し、珠洲に大きな財産を残してくれました。
泣いたり笑ったり、色んなことがあったなぁ。彼女も共に戦った戦友です。

トイレ掃除をしている所を激写♪
聖ちゃん
「ねぇ~なんで私だけトイレ掃除しとる時の写真なん?」とやたら文句を言っていましたが、
いつもトイレをピッカピカにしてくれます。トイレ掃除をしたら良い子が生まれるんだよ~。と
笑顔で話してくれます。

最後にわたし。
美和1

この施設に働いて良かったなぁと感じることは、精神的にも肉体的にも成長できることだと思います。
変化の激しい自然環境の中で生活することは、時間や手間がかかります。
でもそれ以上に、季節の変化や厳しい冬を乗り越えた時の喜びが自信に繋がります。
仕事も同じです。様々な経験をして、どの業務もオールマイティーでこなせるようになった時に
新しい自分に出会い、新たな挑戦へと繋がります。

新しい自分に出会ってみませんか?ご連絡、お待ちしております。
■TEL:0768-86-2014 ■担当:こでら

「恋なんてのは五感で感じるものなんだから」

2015年02月15日|カテゴリー:イベント




と、人生の大先輩澤CEO。



今日も相変わらず強い風が吹いている木ノ浦ですが、
どこか春の薫りがします。
少しずつ、でも確実に近づいている春。
うれしいですね。







さて!
みなさんは「春」と聞いて何を思い浮かべますか?

桜 花見 山菜 いちご たんぽぽ あじさいの新芽
おたまじゃくし たけのこ うぐいす




わたしは、もう真っ先に「わかめ」!!!

いやいや、「恋」でしょ!!!

(らしくないことを言ってみました笑)






きっと、すてきな季節だろうな~と、思い浮かべるだけでわくわくする3月の中旬。
木ノ浦ビレッジにて
珠洲市青年団協議会主催の「恋活」イベントを開催します。


恋活


「恋活」といえども、なんだか体験や企画がもりだくさんで、
木ノ浦ビレッジを満喫できる一日となりそうです。


人気のピザ焼き体験やつばき油絞り、コーヒー焙煎体験
すべての体験が一日で楽しめるなんて、なかなかないですよ~♩






澤CEOの言葉通り
「恋なんてのは五感で感じるものなんだから」
ぜひ体験を通して、いろいろなことを感じていただければ、と
わたしも密かにみなさまのサポートをできることを楽しみにしています。






男性は、珠洲市内在住の25歳から35歳までの方
女性は、20歳から35歳までの方ならだれでも参加できるそうです。

ただし、独身の方限定です。



わたしの知る限り、
珠洲の男性はとってもいい方ですよ~!




「恋活」と意気込んで参加するというより、
ちょっと木ノ浦に遊びに行く感覚でご参加いただければうれしいです。




お待ちしております♩









醸しの食文化はまだまだ続く!醸し定食

2015年02月09日|カテゴリー:おいしいはなし, お知らせ



ちょっと暖かくなってきた気がしてうかうかしていたら
今日のこの荒れ模様。


木ノ浦は “最高の天気” です!


IMG_1453


この吹き荒れる風と雪。
そして、白く荒々しい波。
水平線は雲に隠れ、くすんだ水色の海がぼんやり広がっています。

まるで映画のワンシーンを見ているような
そんな景色です。






さて、前回たいへんご好評いただきました
「醸しの食文化をめぐる」イベント。


ブログでもご紹介させていただいた通り、
このイベントの醍醐味のひとつは「醸しづくしのごはん」でした。


そして、この醸しづくしのごはんを
もっともっと多くの方々にぜひ!ぜひ!召しあがっていただきたい!
と、わたしたちは強く思ったのです!







そこで!!!

2月中の土日祝日に
「醸し定食」のランチをやります!!!


IMG_1445
(写真のメニューは、参考メニューです。新鮮で一期一会な食材を使うためメニューには変更があります。)



定食のメインは「ぶりみそしゃぶしゃぶ」

数ある発酵食品のなかでも、ちょっぴりくせのあるぶりみそ。
(ぶりみそについては【こちら】


「好き嫌いが分かれるね」と言われますが、
わたしたちはあえてこのぶりみそにこだわって、
定食のメニューに入れることにしました。

なぜなら、ぶりみそこそ木ノ浦ならではの醸しの食文化であり、
そして、発酵食品好きにはたまらないおいしさだから!!!


木ノ浦で採れた岩のりやかじめなど旬の海藻を絡めて食べると、
もう、ほら、書いているだけで微笑んでいます。




他にも発酵食品がもりだくさん、
いや、もといっ!
すべて醸しにまつわるお料理です!


IMG_1450


夕食でも大人気の「干し柿と宗玄酒粕の天ぷら」や
「大浜大豆の納豆のフライ」(めちゃくちゃ贅沢や~!!)

自家製の塩麹に漬けた大浜大豆のお豆腐は、
とろーっと濃厚でまるでチーズのよう。

わたしのおすすめは、漬物の盛り合わせ!
木ノ浦で採った山菜を麹漬けや粕漬け、浅漬けなど
いろいろな漬け方で漬けました。

とにかくごはんが進む!
もう、ぐんぐん進むランチです。





醸し定食は1500円。
土日祝日限定
一日限定10食とさせていただきます。

ご予約もできますので、ご連絡ください。





「醸しの食文化を伝えたい」という思いはもちろんですが、
そんな大義名分を忘れてしまうほどに、
とにかく「おいしい」醸し。


木ノ浦ビレッジでお待ちしております。









醸しの食文化その後②ごはん編

2015年02月03日|カテゴリー:体験

さぁ、
「醸しの食文化~ごはん編~」でございます。
まず最初に、このブログを楽しみに読んで頂いている方、ゴメンナサイ。
実は、一番重要な夕食の写真が全く良いものがなく、載せられないのです。
そこで、参加者みなさんの集合写真を載せたいと思います♪
みそ4
ぶりみそを始めとする発酵づくしの夕食
■ わらびいしり漬け、大浜大豆のおいなりさん、シタダメの粕漬け
■ 大根とこんかイワシの煮物
■ ぶりみそしゃぶしゃぶ(岩ノリ、ワカメ、カジメ、白菜の古漬け)
■ 地元産お刺身
■ ぶりのふき味噌のせ
■ 干柿と酒粕のはさみ天ぷら、納豆の天ぷら、梅干しと山芋の天ぷら
■ かぶら寿司
■ たくあん、キャベツと赤大根の塩麹漬け
■ 白ごはん
■ のっぺい汁
我が施設の22歳アイドル、しぼさんと料理長すみえさんのアイデアメニュー
今回、メニューを考えるにあたって、本当に苦労していたしぼさん。苦労したかいがあったね。

さて、次の日の朝食
どど~んと真ん中に「大浜大豆つと納豆!」ステキでしょ!?
みそ8
みそ007
■ おからなます、大浜大豆地豆腐の塩麹チーズ、ほうれん草の酒粕あえ、梅干し
■ じゃがいものいしり煮、かじめの煮物
■ いしりの卵焼き
■ いわしの干物
■ 大浜大豆つと納豆
■ 湯豆腐
■ たくあん、葉ワサビの漬物
■ 白ごはん
■ 粕汁

つと納豆専用の特設会場を設け、手間暇かけて解体します。
みそ9
納豆の良い香りが広がります。食べてみたくなったでしょ?

実は・・・・・、木ノ浦ビレッジでは、まだまだ「醸しの食文化」発信しますっ!
でも今は内緒♪
近日中にみなさんにお伝えしたいと思いますっ!

醸しの食文化その後①みそづくり編

2015年02月03日|カテゴリー:体験

みなさん、こんにちは。コデラです。
醸しの食文化(イベント)が無事に終了し、ホッと一安心しております。
反省点も多々ありますが、まずはご参加頂いた皆さまに感謝を申し上げます。
ありがとうございます。

木ノ浦ビレッジでしかできない「体験」とは何かを追及したところ、スタッフ
一丸となり考え、こだわりにぬいた企画内容になったとことが本当に嬉しく思います。
この地で脈々と受け継がれている「醸しの食文化」
私自身、このイベントをきっかけにこの地で受け継がれている「食」をもっと多くの方に
発信する義務があるのではないかと感じました。このブログで何度も登場している「ぶりみそ」
をきっかけに、多くのことを教えてくれたりつこさん。
彼女の食べ物を大切に扱い、丁寧に料理する姿勢が忘れられない味になる。
そんな思いを多くの方と共有できれば、本当に幸せです。

さて、まずは「醸しの食文化~みそづくり編~」!

庭窯で大浜大豆を煮る、くしゃおじさんとコタロー。
むかしはどの家庭でも必ずあった庭窯。今では骨董品ですね。
煮る時に、必ず小さな落し蓋をするのが美味しく煮る秘訣。
吹き上がるのを抑え、落し蓋の上から水をかけることによって、窯の底に豆がくっつきません!
みそ
こんなに美味しそうに茹で上がりました♪
キラキラ光る大浜大豆。とってもあま~い。
みそ001
みんなで豆ミンサーにかけます!この作業が地味に大変!
みそ2
ニュルッとでできた大浜大豆。この機械も集落で大切に保管しているものを貸して頂きました!
みそ10
塩と麹を入れて、機械で混ぜ合わせます。
みそ003
次の日、お持ち帰り用の樽に入れ替えます。
みそ5
さぁ、出来上がり~!!
みそ6

みなさん、家に持ち帰り冷暗所で保管します。梅雨明けぐらいで食べることができます。
美味しくできたことを願って、あとは良い報告を待ってま~す♪