2014年9月

小さい秋みーつけた

2014年09月28日|カテゴリー:体験


珠洲にやって来て半年が経ちました。

田植えの季節に珠洲へやって来たわたし。



田植えをしながら新米のことを考えていたらよだれが出てしまうほど、
この新米の季節をずーっとずーっと待ち望んでいました!!!



そんなわたしがついに新米をいただきました!!!

おいしくて、おいしくて、やっぱり新米はおいしかったぁ。

白いごはん最高!!!



そんなおいしくてうれしい季節。






さて、「秋のはじまりノルディックウォーキング」のレポートです!

講師は、加藤美紀先生。



9月21日、朝のお天気はあいにくの雨。

どうかなぁ。。と心配していましたが、
準備体操の深ーい深呼吸が雨雲を吹き飛ばし、なんとかやんでくれました!



木ノ浦海岸のコスモスも見ごろを迎えています。


IMG_0492


雨上がりの山のなかは、みずみずしくてさわやか。

思わずいつもより深く深呼吸をしたくなります。



そして、この「杖」ではなく「ノルディックポール」のおかげで、歩いているときの足腰への負担が軽減されます。



どんどん進みます~


IMG_0530


ノルディックポールを使って歩くと、自然と背筋がスッとのびます。

足腰の負担を軽減してくれるだけでなく、普段使っていない腹筋や背筋が無意識に鍛えられます。

二の腕のシェイプアップ効果もありますよ~!!

シェイプアップ効果なんて本当かよ~と、説得力のない私の二の腕も、
来年の夏にはしゅっとした二の腕になっている!はず!

乞うご期待!






加藤先生のノルディックウォーキングの楽しいところは、いろいろな植物のお勉強ができるところ。

この季節はどんな植物に出会えるのか、毎回わくわくします♩






こちらのかわいいお花は、ツリガネニンジン。


IMG_0508


釣鐘のような形からその名がつきました。

やさしいむらさき色がかわいらしいですね。






こんなものも見つけました。


IMG_0524


なんだか、鼻みたいですよね~

このつぼみは、「ジイソブ」という花のつぼみ。

「じいさんのそばかす」がその由来。

おもしろい!!

なんと、ばあさんバージョンの「バアソブ」もあるとか。






こちらのフレディマーキュリーが使っていそうなむかしのマイクのような植物。


IMG_0518


なんでしょうか~。

ご存知の方いましたらぜひ教えてください。




他にもここに書ききれないほどさまざまな植物に出会いました。




雨上がりの海の景色は、ゆるやかに色が変わっていき、なんとも不思議で美しいです。


IMG_0533


そして、山から里へ。


IMG_0545


折戸の集落。

暮らしがかおる、里の風景です。



きび


IMG_0536


どんなふうに食べるのでしょう~。



そんな、食べることばかり考えてしまうわたし。

たくさん歩いておなかがすきました。



お昼は、きのうら食堂のピザランチ。

いちばん人気は、かじめとししとうのピザでした。

写真はまたまた撮り忘れました。。。







今回は、秋のはじまり、雨上がりの木ノ浦散策となりました。



雨上がり、よかったです。



珠洲にいると、車での移動がほとんどで、なかなか歩く機会がありません。

歩いてみることで見えてくるさまざまなこと。

新しい何かに出会える散策でした。







きのうら市場からごあいさつ

2014年09月25日|カテゴリー:ごあいさつ

「きのうら市場」は木ノ浦ビレッジの中にあるお土産屋さんです。

8月21日のオープン以来たくさんの方に足を運んでいただきまして、ありがとうございます!!

遅ればせながらではありますが、お店の紹介させていただきます。

店内の様子

きのうら市場では、珠洲市内で生み出される良質な品々をセレクトし、作り手の想いも一緒にお持ち帰りいただけるようにカードを添えて販売しております。

珠洲の魅力は「人」。

モノに出会い、ヒトを知ってほしい。

ここから珠洲にあふれるステキな人々を発信していきたい、そう考えています。

すこしお時間にゆとりをもって、じっくりと物語を感じていただきたい、そんなお店です。

IMG_0489-2

このカードがこれからもっともっと増やせるようにわたしも珠洲の方々と出会っていきたい、と思います。

 

それからもうひとつ。

実は奥能登ではじめてのアウトドア用品mont-bellを取り扱うことになりました。

IMG_0487-2

これはここを訪れた方へ、というよりは珠洲市周辺にお住いの方へ、でしょうか。

山や海、畑で作業するおっちゃんたちがmont-bellを着ていたらかっちょいいな・・・なんて最初はそんな発想でした。

でも、能登で生活をしてみると長靴からウィンドブレーカーまでが必需品だと感じます。

広くて寒い家の中でフリースベストを着ているとあったかくてなんだかホッとします。

ちょっぴり贅沢かもしれませんが、ぜひ地元の方に着てほしい、と思います。まずは身近な方への贈り物なんていかがでしょうか?

 

商品ひとつひとつを紹介したいところですが、きょうはここまで。

お近くの方も、まずはぜひあそびにいらしてください!!

 

きのうら市場(木ノ浦ビレッジ管理棟内)

営業時間9:00~17:00 不定休

 

 

 

 

 

 

 

 

くず色トートバック

2014年09月23日|カテゴリー:体験


木ノ浦の海はすっかり秋の色になりました。

まっ青な海。白い波。

この頃は毎日お天気で、海のつよい青と、空のやさしい青とが美しいです。







さて、「耕作放棄地の草木からいただく自然の色」
草木染めワークショップが9月13日土曜日に開かれました。

講師は、落合紅さんです。






まずは、絞りをいれる作業。

みなさん夢中になって作業しております。


IMG_0417


おしゃべりしながら。

たのしそうです。


IMG_0422


液につけている時間は、この日の染料「くず」のお話。

むかしは、このくずのつるを使って籠を編んだり、衣類の繊維として使われていたようです。

しかし、人間の暮らしのなかで使われなくなると、その繁茂力の強さでどんどん里山に広がっていきました。


IMG_0426-2


人間との関わり方が変わってしまったために、やっかいものになってしまったくず。

「染料にすることで、くずの駆除にはほんの少ししか貢献できないけれど、
少しでも里山のことを考えるきっかけになれれば」

と、紅さん。

驚くことに、くずは世界の侵略的外来種ワースト100に選ばれているそうです。。


IMG_0437


そして、いよいよ染料のなかへ。

ことこと煮ていきます。




わくわく~


IMG_0445


「いい色~」

「おいしそう~」

とみなさん。





絞りをほどいてみると・・・


IMG_0468


みなさん個性が出てます~!

やさしいくずの色。

絞りでさまざまな柄ができました。







乾かしている間に、お昼ごはん。

メニュウは、夕顔ととり肉のくずあん丼。

くずには、体を温める作用があります。

写真は撮り忘れました!







そして、わたしの作品はこちら~!


IMG_0481-2


上半分だけ絞りを入れました。

かなりだいたんに、ギュギュッと絞ったのですが、すこしおおざっぱくらいがよかったのかな。

ほどよい柄になりました!






自分の身のまわりにある色が、ただの黄緑色ではなくて

「木ノ浦の耕作放棄地のくずの色」

になる。

なんだかうれしいですね。

自然の色なので、きっと同じ色はなくて、だから小さなバックに愛着がわきます。







たのしくて、ほんの少し里山について考える時間。

そんなワークショップになったと思います。






ご参加くださったみなさまどうもありがとうございました!



秋のはじまりノルディックウォーキング

2014年09月15日|カテゴリー:体験


パジャマはすっかり長袖。

うっかり窓を開けて寝たら、かぜをひきますね~。







「秋のはじまりノルディックウォーキング」のご案内です。




季節の変わり目は、体調を崩しやすいもの。

そんな時こそ、ほどよくからだを動かしてリフレッシュしましょう。



インストラクターは、加藤美紀先生。


IMG_0087s


セラピスト、健康運動指導士として、
珠洲のみなさんの健やかなこころとからだをサポートしています。


からだの悩みを相談すると、いつもやさしくアドバイスをくれます。

わたしがおなかの調子を崩した時に、そっとおなかに手を当ててくれたのですが、
その手が本当に本当にあたたかくて、驚き、そしてとてもうれしい気持ちになりました。



そして、加藤先生は、とっても好奇心旺盛で、
里山のことや、珠洲の歴史など、さまざまなことを教えてくれます。

知っているようで知らない里山のこと、珠洲のことを知る。

そんな時間になればと思います。





今回は、木ノ浦の野営場周辺を散策します。

今の季節は、どんな植物や景色に出会えるでしょうか。



thumb





からだを動かしたあとは、木ノ浦ビレッジ内カフェレストランきのうら食堂にてピザのランチ。

珪藻土のピザ窯で焼く焼きたてのピザです。




珪藻土ピザ1




ぜひご参加ください♩








「秋のはじまりノルディックウォーキング」

9月21日(日)9:00~

木ノ浦ビレッジ集合

参加費:大人3000円
こども1500円
(保険代・ガイド代・昼食代込)
※ノルディックポールレンタル料300円

※ランチなしご希望の場合、大人2000円
こども1000円


この時期、蚊が多いため、長袖・長ズボンをおすすめします。

お飲み物を各自ご用意ください。

小雨決行



ご予約の方は、メールもしくはお電話でお問い合わせください。
メール info@kinoura-village.com
電話 0768-86-2014(担当:志保石)




草木染めワークショップ

2014年09月10日|カテゴリー:体験

「秋だねぇ」が最近の口ぐせ。

あちこちに立派なはざ干しが。

夜になると半袖では寒いくらいです。



123__



さて、今週末の季節体験プログラム
草木染めのワークショップ
「耕作放棄地の草木からいただく自然の色」
のご案内です。







木ノ浦だけでなく、
珠洲、能登、日本中の田舎
どこをみても生い茂っている「くず」。

木ノ浦ビレッジのすぐそばの耕作放棄地は、
一面くずの海になってしまっています。



DSC_0385




恥ずかしながら、くずといったら「くずもち」というイメージしかなく、
珠洲に来てはじめて、
こんなに山にくずがボーボーに生えていることを知ったわたし。



そんなやっかいもののくずを使って、
たのしくて、すこしだけ里山について考えることができる、
そんな染物ワークショップです。




講師は、落合紅さん。

染色家・お坊さん・お母さん
紅さんは、三つの顔をもつ女性です。

いつもいきいきとした紅さんの姿に
たくさんのエネルギーをもらっています。



IMG_0393-1



紅さんの作品は、
能登の里山の草木を使って染色しています。

時には、里海から染料を調達することもあるとか。



紅さんの作品の色は、
どれもやさしくて、能登の里山の豊かさや温かさを感じます。







そんな紅さんをお招きして、
今回は木ノ浦のくずの葉の色を
小さなトートバックに染めます。


どんな色になるのか、今からわくわくします。







ワークショップのあとは、
きのうら食堂にてくずを使ったランチをご用意します。





くずの葉で染めて、
くずを食べて。


くずずくしな週末。




ぜひご参加ください。


9月13日(土曜日)
9:00~ 木ノ浦ビレッジにて

おとな¥3500
こども¥2000
(材料費・お昼ごはん代込)




ご予約は、
木ノ浦ビレッジ
電話0768-86-2014(担当:志保石)まで






風が気持ちいい木ノ浦

2014年09月06日|カテゴリー:お知らせ


久しぶりの更新となってしまいました。。

秋のはじまり。

木ノ浦は、心地よい風が吹いています。






さて、木ノ浦ビレッジは、8月21日に無事オープンを迎えることができました!


多くの方々のご協力に御礼申し上げます。

本当にありがとうございます。





たくさんの方々の思いのあふれる場になるよう、スタッフ一同頑張ってまいりますので、どうぞよろしくお願いいたします!!








さて、9月1日より、木ノ浦ビレッジ内にある「きのうら食堂」がオープンいたしました!


きのうら食堂イチオシメニューは、珪藻土のピザ窯で焼くピザ!!

日替わりで3種類ご用意しています。



珠洲の食材を使ったピザです。

トマトソースは、三崎町寺家で地元の食材を使ったジャムを作っている「フラワー工房」さんの自家製ピザソースを使っています。




IMG_0369-1




写真は、金時草とたまねぎのピザ。




ランチのセットは、日替わりの前菜が2品と、ドリンクが付きます!!



IMG_0367-1



休日は予約なしでご用意いたします。


平日は、前日までにご予約ください。




ピザは、1日限定30食とさせていただきます!!!




窓の外からの木ノ浦の景色を眺めながらのピザランチ。

ぜひに~♩












また、明日の「ヨガではじまる あたらしい いちにち」は中止となりました。


よろしくお願いいたします。