醸しの夕食

2018年01月21日|カテゴリー:おいしいはなし

どうもみなさん、こんにちは。
木ノ浦ビレッジの聖母マリア コデラでございます。
今日の木ノ浦は何だか変な天気。
24日(水)から恐ろしい寒波がくるらしいですね。
マジか(‘Д’)この日も「みそづくり体験」の予約が入っているんですが。
なんてこと~!!何もないことを願います。
除雪が早く来てくれることを心から願っております。

さて、「我が家のみそづくり体験宿泊プラン」の“醸しの夕食”は
こんな感じでした↓
醸し夕食
もちろんメインは、「ぶりみそ」↓
醸し夕食0
水で溶いた「ぶりみそ」の中に4種類の海藻をくぐらせます。
・岩のり(生)
・わかめ
・荒もずく
・かじめ
どれも日置地区を代表する海藻です。
そして、絶対に外せないのは、白菜の古漬け→もちろん、自家製。
浅漬けではなく、古漬けなのです。酸味がないと「ぶりみそ」には合わない。
海藻を食べる分だけ「ぶりみそ」の中にくぐらせ、ご飯の上にのせ、一緒に
ほうばるともう、ご飯が止まらない。やめられない、止まらない。
既によだれがジュルとしております。

今朝突然、いらっしゃったお客様から「ぶりみそ売ってくれ」と言われましたが、
すいません、お売りするだけの量が作れない。何度もブログで紹介しておりますが、
手間暇かかりすぎる、貴重なお味噌なのです。賞味期限は約1ヶ月間。
1日1回、混ぜる必要もある。
既に「ぶりみそ」をメインにした「醸しの夕食」のご予約を頂いている状態です。
食べてみたい方はご予約が必要となりますので、宜しくお願い致します!